読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone 7は最強だが「歴史的」というほどのものじゃない iPhone 7は

iPhone 7は最強だが「歴史的」というほどのものじゃない iPhone 7は、ぱっと見あまり変わっていないように感じるが、ボディーもフルモデルチェンジしている  僕はちょっと天邪鬼(あまのじゃく)なので、ひとから「良い」と言われるとまず疑ってしまう。だからこそこんな仕事ができているのだが、裏を返すと、この仕事を続けている間に天邪鬼になったような気もする……。 グッチ iPhone6s plusケース  さて、iPhone 7の評価は事前の予想よりも高く、一部には「画期的だ」「歴史的だ」という声もある。僕もiPhone 7は史上最高のスマホだと思っているし、実際それは事実だろう。 シャネルiphone7ケース最高級モデルの最新機種というだけでも、史上最高である可能性は相当に高い。なおかつ、iOSiPhone向けのアプリを高く評価するなら“ライバルもいない”のだ。 アイフォン7シャネル  公平な目で見て、「いま最もオススメのスマホは?」と聞かれたら、1秒の迷いもなく「iPhone 7 Plusだ」と答える。疑う余地はなく、ライバルを完全に凌駕している。 iPhone7ケース  だが、「画期的だ」「歴史的だ」といった表現には、少々違和感を覚える。iPhone 7は「最強」だが「歴史的」というほどではないということだ。 携帯iphone7ケースただ、そう言われてもよく分からないという人もいることだろう。そこで今回は、iPhone 7のどこがすごいのか、“ちょっと冷めた視点”で見ていきたいと思う。 シャネルiphone7ケース Suica対応は非常に嬉しいが……  iPhone 7の「Suica対応」は確かに歴史的だと思う。ただそれは、Appleというメーカーが日本向けの機能を搭載したという意味でだ。 シャネルiphone7ケースグローバル向けの製品を作り続けてきたアップルが、わざわざ日本に向けた機能を搭載し、それを日本で発売した。確かに、アップルのファンには歴史的なことだと思う。 シャネルiphone7ケースもちろん、僕にとってもそうだ。  だが、一般のスマホユーザーにしてみれば、「?」としか言いようがないのではないだろうか。 グッチiPhone7ケース僕自身も冷めた目で見るなら「ようやくSuica」「いまごろSuica」である。このタイミングで搭載してきた理由がよく分からないのだ。 シャネルiphone7ケース技術的には当然もっと前から採用できたはずである。「売れ行きが芳しくないからカンフル剤としてSuicaを搭載した」という声もあるが、正確な理由はアップルが言わない限り分からない。 6Plusケースルイヴィトン  もっと以前、例えばiPhone 5あたりで搭載していたら、日本市場ではさらにiPhoneが強くなっていたはずである。…と書いたところで、「いやまて、もしかするとSuica搭載で 9月16日、Appleは5.5型スマートフォンiPhone 7 Plus」が販売開始した。 ルイヴィトンiphone6sケースAppleSIMロックフリー機を当日無事ゲットできたので、従来の全般的なレビュー形式ではなく、1週間カメラ中心に使った感想などを書いてみたい。 【この記事に関する別の画像を見る】 ■7台目のiPhone  筆者とスマートフォンの歴史は、iPhone 3G/3GS/4/4S/5s/6 Plus……と、途中「Xperia」が入ったり、最近Windows 10 Mobile機も使っていたが、ほぼiPhoneの歴史と同じだ。 アイフォン7シャネルスキップしたのは5と6s(Plus)。そして今回2年振りに新型iPhone 7 Plusを購入した。 シャネルiphone7ケースシルバーの32GBモデルだ。もともとはジェットブラックの128GBモデルの予定だったが、予約開始直後でも2~3週間後のお届けとなっていたこともあり、販売開始のタイミングで入手できる32GB/シルバーへ変更した。 シャネルiphone7ケース  実は、購入直前まで悩んでいたのは「HP Elite x3」の存在。このタイミングで既に販売開始しており(ただし発送は10月上旬)、また9月末までは8千円ほど安くなっていることもあって、サイトの[注文]ボタンを押す直前までどうしようか考えていた。 シャネルiphone7ケース  ただ、結局iPhone 7 Plusにしたのは、カメラが面白そうだったからだ。詳細は後述するが、ワイドとテレの2つのカメラを背面に搭載し、後日のアップデートで対応となるが、「被写界深度フィルター(背景がボケる)」を使ったポートレートモードも加わる。 アイフォン7シャネル筆者の場合、電話の機能よりカメラの方が使う頻度は圧倒的に高く、この写りの差はかなり重要で、背中を押す最大のポイントとなった。  主な仕様は以下の通り。 アイフォン7シャネル外観はほとんど6 Plusと同じだが、SoCの強化、メモリ増量、広色域パネル、ステレオスピーカー、IP67等級の対応と、3.5mmステレオミニジャックの廃止、タッチ式ホームボタン、FeliCa対応のNFC搭載……など、大幅に中身が変わっている。  細かい仕様は表を参照して欲しいが、個人的にコンシューマ向けスマートフォンは、OSなどのソフトウェア面はさておき、ハードウェア面としては、「ディスプレイの綺麗さ」、「カメラの機敏さと写り」、そして「サウンドクオリティ」が重要だと思っている(もちろん「おサイフケータイ」や「ワンセグ」が重要な方もいるだろう)。 シャネルiphone7ケース  性能については、速いのは魅力的だが、昨今ではミドルレンジのスマートフォンでもそれなりに使えるので、爆速である必要は特に無い。  その点、iPhoneは昔からこの三拍子のバランスが上手く取られており、不満になったことはこれまで一度もなかった。 このような経緯のもと、加えて冒頭に書いたようにカメラが面白そうだったので、iPhone 7 Plusを選んだ次第だ。  販売開始の9月16日昼頃、無事製品が届いたので、1週間ほどiPhone 6 Plusと共に使ってみた。 iPhone6 シャネル以下、写真は外観の違いが分かりやすいように左にiPhone 7 Plus、右にiPhone 6 Plus(もしくは下iPhone 7 Plus、上iPhone 6 Plus)を置いて撮影している。  前面の大きな違いは3カ所。 アイフォン7シャネル上のスピーカースリットの幅、パネルの発色、下のタッチ式ホームボタンだ。スピーカーのスリットは、横位置の時にステレオ再生対応になったので、その関係で幅が長くなったと思われる。 アイフォン7シャネルパネルは、iPad Proと同様の広色域ディスプレイ(P3)を採用。写真からは分からないが、肉眼では確かに(少しだが)違う。 シャネルiphone7ケース  そして、ホームボタンが物理ボタンではなくタッチ式になった。また押した感触が出るよう、3段階で切り替わるバイブレーションを下に配置している。 シャネルiphone7ケースおそらく、従来ユーザーが初めて起動して戸惑うのはこの部分だろう。iOS 10で、ロック画面の解除がパネルを横へスライドするのではなく、ホームボタンを押す(タッチする)に切り替わったから尚更だ。 ディオール携帯ケースただ、この件はちょっと使えばすぐ慣れるので、大きな問題ではない。  背面の違いは2カ所。 iPhone6 シャネル1つは背面カメラ。もう1つはアンテナ代わりのラインが上下ともなくなったこと。 シャネルiphone7ケースカメラ自体の話は後述するが、ご覧のように幅だけでなく、高さも随分違い、従来のiPhone 6(s) Plus用ケースは位置が合わず、使えなくなってしまった。アンテナのラインは、確かに気になると言えば気になるものの、ケースなどへ入れると見えなくなってしまうので、技術的には大変だろうが、ユーザー的にはどちらでもいいのではと思う。 シャネルiphone7ケース  左サイドはボリュームボタンの間のスリットがなくなった。おそらくIP67等級対応の関係だろう。 シャネルiphone7ケース右側面の電源ボタンは位置もサイズも変わらず。  そして下側面から3.5mmステレオミニジャックが消えてしまった。 ルイヴィトンiphone6sケース従来のイヤフォンやヘッドフォンは、付属のLightning-3.5mmステレオミニジャック(別途購入でも900円)経由か、Lightningコネクタ直結型が必要になる。また、これらを使う場合にはiOS 10でなければならない。 シャネルiphone7ケースAndroidから乗り換える人は、実はそんなにいないかもしれない」という考えが浮かんできた。というのも、iPhoneユーザーはケースにカードを挟み込むなど、既に涙ぐましい努力をしてSuicaを使っているからだ。 Ray-Banレイバン サングラスiPhoneが欲しいけれど、Suicaが使えなくて困る」という人たちの多くが、じつはもうiPhoneを買っているような気もする。  なお、この記事を執筆している時点(9月23日時点)ではまだSuicaは利用できない。 シャネルiphone7ケースまた、Suica以外の他のおサイフケータイ機能については利用可否をアナウンスしていないものが多い。特に、nanacoが使えないと困る人は少なくないだろう。 アイフォン7シャネルセブン&アイ系列のお店で買い物をするとかなりお得になるからだ。